神話時代から江戸末期までの様々な武将・統治者や城郭を中心に様々な歴史人物や遺跡を紹介します


by hideki-0319

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
神話時代
奈良時代
平安時代
鎌倉時代
南北朝時代
戦国時代
江戸時代
幕末
その他
室町時代
現代の名匠
昭和
明治
大正
未分類

フォロー中のブログ

ブログ 信 長 
FIAT500S in ...
妖刀伝
筑後川の航海日誌(旧)
もののふ城Exite丸
安土どっとネット
シティ・ウォッチ cit...

以前の記事

2011年 02月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月

最新のトラックバック

直江兼続
from いま人気のコトバとは?
石室発見 1500年前の..
from ニュース/チェックpod
吉村作治教授と淀川長治翁..
from 平太郎独白録 親愛なるアッテ..
「明智光秀 ~神に愛され..
from <徳島早苗の間>
明けましておめで突猛進。
from <徳島早苗の間>
レオナルド・ダ・ビンチの..
from ★☆★☆★ 古今チップス ★..
科学のメス
from WhiteTiger-BLL..
新東京タワーのデザインを..
from 今日の気になるニュース@総合
約610メートル新東京..
from 今、話題のキーワード
2006.10.07 2..
from 人生色々

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧

初期人類にも土踏まず

 今から約370~290万年前に存在していた初期の人類であるアウストラロピテクス・アファレンシス(通称:アファール猿人)が、アーチ形の土踏まずがある現代人類と似た特徴の足を持っていた事が
アメリカのミズーリ大学の研究者等によって明らかになった。
 つまりは人類は約300万年も前から樹上生活ではなく地上生活を行っていた事になるのだ。
 アファール猿人は1974年にエチオピアで発見された女性「ルーシー」(推定身長110cm)の化石で知られており直立の二足歩行をしていたことはこれまでも判明していたが、鍵となる足の指が見つかっていないことから樹上での生活を続けていたか否かが議論されていた。
[PR]
# by hideki-0319 | 2011-02-12 12:04 | その他

恐竜は大量絶滅後も70万年生きていた??

 約6550万年前の白亜紀末に起きた巨大隕石の衝突によって大量絶滅したとされる恐竜だが、その大量絶滅の後も約70万年間生き延びた恐竜がいたとする研究成果が、カナダにあるアルバータ大などの研究チームが発表した事が明らかになった。
 延命したとされたのは、成長すると全長21メートルになる「アラモサウルス」と呼ばれる大型の草食恐竜で、同研究チームは、米国南西部ニューメキシコ州サン・ホアン盆地で見つかった恐竜の大腿骨を「ウラン・鉛法」という年代を導き出す手法で直接測定し、年代を約6480万年前と導き出したという。
 恐竜は、メキシコのユカタン半島付近に衝突した巨大隕石による環境異変で絶滅したとされているが、どれだけの期間をかけて絶滅したかや、地域的なバラツキなどはまだ十分にわかっていないのが現実だ。

 国立科学博物館の真鍋真研究主幹によると「すべての恐竜が一瞬で消え去ったわけではないので、隕石衝突の70万年後に恐竜がいても不思議ではない。ただ、今回の年代測定に伴う誤差のためこの化石が隕石衝突前のものである可能性も残る」と指摘しているが。。。

 本当のことはミステリーのままという方が良い気もしますね。。。
[PR]
# by hideki-0319 | 2011-02-06 12:11 | その他

音義木簡

 天智天皇の近江大津宮に関連すると推測されている滋賀県大津市にある北大津遺跡(7世紀後半のものと推測)から出土した「音義木簡」を、奈良文化財研究所が約30年ぶりに再調査したところ、解読できた文字数が、前回調査した33年前と比較して約2倍の49文字に増えたことが明らかになった。
 漢和辞典のように漢字の訓読みや意味を示した木簡で、情報量が増えたことで、今後は、より詳細な研究が可能になり、日本語の音韻や漢字を使った表記の変遷をたどる上で貴重な史料になりそうだと期待されている。

 解読された木簡(長さ68・5センチ、幅7・4センチ)は1973年に、滋賀県教委の調査で出土した、同県内で初めて見つかった木簡で、同県警鑑識課が撮影した赤外線写真を使って調査した結果、1977年に、約50文字が残り、うち26文字を解読できたことが報告されていた。
 しかし現在は、劣化の為、墨書が薄れて文字が読めなくなり、赤外線写真のフィルムも劣化して現像できなくなっている事から、昨年8月、奈良文化財研究所が新たに赤外線撮影したところ、79文字以上が残っていることがわかり、うち49文字を解読することができたのだという。

 「費」に「阿多比(あたひ)」、「鎧」に「与里比(よろひ)」などの訓を、漢字1字を日本語の1音にあてて記していることが新たに判明し、「慕」を「尼我布(ねがふ)」とする訓などが平安時代の辞書にも書かれており、この読み方が、7世紀後半にさかのぼることが明らかになったという。

 また、木簡に書かれた文字は上下二つのまとまりになっており、文字の出典が複数ある可能性があるという事も今回の調査で明らかになったと言う。
[PR]
# by hideki-0319 | 2011-01-10 11:29 | その他

キハ181系引退

 私と同じ1968年生まれのディーゼル特急車両のキハ181系が、老朽化による高性能の新型車量の導入に伴って昨日で定期運行の現役を引退した。

 最後は「はまかぜ」として活躍していた。

 
[PR]
# by hideki-0319 | 2010-11-07 14:35 | 昭和

幻の宝

 奈良市にある東大寺の大仏殿内で明治時代に見つかり、国宝に指定されている鎮壇具のうち2本の金銀荘大刀が実は約1250年間、その所在が確認されていなかった正倉院宝物の大刀「陽寶劔」と「陰寶劔」だと判明した。
 陽寶劔、陰寶劔は聖武天皇の遺愛品で、妻の光明皇后が献納した後、正倉院から持ち出された後、行方がわからなくなっていた。
 今回の鎮壇具は1907年に、大仏の右ひざ付近の須弥壇から出土したもので、金や銀で装飾された大刀6本や銀製小壺など計19件あるものだ。
 今回、金銀荘大刀2本をエックス線で撮影したところ、刀身の根もとに「陽劔」「陰劔」と象眼された銘が確認されたのだという。
 また、その刃の長さや把にサメ皮を使った点なども、正倉院宝物の目録「国家珍宝帳」に記載された陽寶劔、陰寶劔と一致したことも明らかになった。

 「国家珍宝帳」とは、聖武天皇の遺愛品を756年、妻の光明皇后が東大寺大仏に献納し、正倉院に収めた宝物の目録で、中でも陽寶劔、陰寶劔は大刀100本の筆頭に記され、最重要の刀とされていた。同刀は陰陽一対で万物の調和を願ったものだという。
 陽寶劔、陰寶劔は、国家珍宝帳のうち、後に持ち出された「除物」の付せんがある7点のうちの2点で、正倉院の「献物出用帳」には、光明皇后が亡くなる約半年前の759年12月に持ち出された記録が残るが所在が不明だった。
 「除物」扱いの宝物で、所在が特定されたのは今回が初めてのことだ。

 さらに今回の調査で、別の銀荘大刀には北斗七星を象眼した七星文がある事もわかった。
[PR]
# by hideki-0319 | 2010-10-26 07:56 | その他

死海文書公開へ

 イスラエル考古学庁(通称:IAA)とGoogleは、現存する世界最古の聖書関連文書である「死海文書」を、高解像度マルチスペクトル画像装置によってデジタルスキャンし、オンラインで来年公開すると発表した。
 「死海文書」とは、1940年代から1950年代にかけて、死海のほとりにある洞窟から、ヘブライ語やアラム語、ギリシャ語で書かれた巻物が大量に発見されたものをいい、紀元前150年から西暦70年ごろに作成されたと見られ、旧約聖書ほぼ全巻の写本のほか、「エノク書」など伝統的な正典には属さない断片も多数見つかっている。
[PR]
# by hideki-0319 | 2010-10-24 02:40 | その他

暇人

っているんだね^^;
笑っちゃいました
名前を変えてもIPで同一人物だってすぐにわかるのにね^^
まぁ通報しましたから私はかまいませんが。。。
一日に何回も荒らすことが出来るくらい暇人ですから職探し中かな?
リストラでもされたかな^^
それとも3流大学生かな

笑っちゃいました
[PR]
# by hideki-0319 | 2010-09-22 01:41

鎌倉時代の落書きか

 京都府木津川市にある国宝でもある浄瑠璃寺三重塔で、第1層の天井の板1枚の裏側に、棒のような物を持った烏帽子姿の人物が落書きされていることが明らかになった。
 塔は平安時代に京都から移築されたもので、天井には鎌倉時代に描かれた極彩色の絵が残っており、落書きは天井画が描かれた当初か、その後の修理の際に描かれたとみられるという。
 昨年11月に行われた塔の檜皮葺きのふき替え工事で、天井画を保護するため天井板40枚を外したところ、ほこりの下から落書きが見つかったのだそうだ。
 落書きと見られる絵は縦15センチ、横10センチほどの大きさで、手に棒のようなものを持っている人物が軽いタッチで描かれているものだという。

 府教委によれば天井裏にはふだんは立ち入ることはできないことや絵柄から、江戸時代から鎌倉時代の間に描かれたとみられるそうだ。
[PR]
# by hideki-0319 | 2010-08-22 18:15 | 鎌倉時代

チャプリン幻の作品

 喜劇王チャーリー・チャプリンのデビュー直後の出演作で、100年近く紛失したとされていた短編映画のフィルムが米ミシガン州で発見され、歴史的な発見として、映画専門家らを驚かせているそうだ。
 今回発見されたのは1914年に制作された長さ約10分の無声映画「泥棒逮捕人」という作品だそうで、警官の制服姿のチャプリンは、脇役ながら、おなじみのちょびひげでコミカルな演技を披露しているという。

 これまでもこの作品の存在は知られていたものの、そのフィルムは行方不明で、チャプリンが出演していたという事実も知られていなかった。
 同フィルムは、映画史研究家が昨年、ミシガン州の骨董市で購入したものだそうで、今年3月に鑑賞中、出演者の中にチャプリンらしい俳優の姿を見つけ、別の専門家とも連絡を取って俳優がチャプリンであることを確認したという。

 ちなみに・・・この「幻の作品」は、すでにDVD化が検討されているという。
[PR]
# by hideki-0319 | 2010-07-19 09:12 | その他

彦根

e0027255_13333898.jpg

井伊直弼
[PR]
# by hideki-0319 | 2010-07-17 13:33